ライカのある毎日

ライカで撮る日々の写真。カメラや写真のことやあれこれ。

向日葵

M10P2375-7

今の時期を象徴するような花ですが

そろそろシーズンの終わりを迎えるような咲き方でした。

ちょっと遅かった…

絞って撮ってもゾクゾクする解像度を描写してくれるこのレンズですが、

どうしても開放気味で撮ってしまいます。

50ミリのレンズといい

35ミリもf1.4の魅力に完全に引き込まれてしまってます。

M10P2362-2

M10P2378-8

35mm

M10P2330-40


新しいレンズを手に入れてから

画角に慣れるために付けっぱなしにして持ち歩いています。

奥行き感だったり

微妙な色合いの違いだったりを楽しんでいます。

50ミリはずっとメインで使い続けている画角だし

今でも大好きな画角です。

しかし

この35ミリって画角は、

ハマると主題と一緒にその時の情景や雰囲気まで見事に残せる

改めて難しいけど楽しい画角なのを実感してます。

難しくてももっと使いたいと思わせてくれるポテンシャルを秘めたレンズです。

M10P2332-41

M10P2336-45

大さん橋

M10P2306-21


時より太陽が隠れてしまう湿度の高い夏の曇り空、

そんな天気でも

少ない光をしっかりかつ優しく取り入れてくれつつ

びっくりするほどの解像感を表現してくれます。

イカレンズに似てるけど少し違った色合い、

どちらも最高に楽しい。

間違いのない一本です。

M10P2295-10

M10P2292-7

M10P2311-25

#Carl Zeiss Distagon T* 1.4/35 ZM

M10P2249-1


悩みに悩んでいたMマウント35ミリ…

ようやく決定。

オールドレンズがチラついた中での選択なので

究極の寄り道かもしれません。

今後も見据えて

なかなかやらないような機材の入れ替えをこっそりと。

まだ使い込んでないけど、

巷の噂通りのスゴイ代物な雰囲気がプンプンします。

懸念していたサイズ感も

光と影の描写とモノとしての魅力で全然カバーできてしまいます。

こりゃスゴイわ。

M10P2277-15

M10P2268-8

50mm

M10P2246-2

 

いつもはほぼ50ミリしか使いません。

先日は新宿で色々な画角のレンズを色々なカメラに付けて覗いてみました。

普段見えない世界がファインダーから見ることができました。

これも写真(カメラ)の楽しみ方のひとつですね。